トーマス・デイ著「最初であることのパラドックス」。